痛くないリンパマッサージで気持ちよく癒されませんか? ≪フェイシャル&ボディ&ボディ調整≫ 感想特集もご覧いただけます

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンパ液 / リンパ液と血液

2011 - 03/13 [Sun] - 16:41

【リンパ液】

リンパ液は細胞のあいだを循環しながら、
ゴミや細菌などを運び去ります。

体じゅうにビッシリ張り巡らされたリンパ管を
ゆっくり、ゆっくり一方通行で流れています。

主な役目は「老廃物除去」(=デトックス)と、
「細菌・ウイルスからの防御」。浄化と免疫です。




【リンパ液は血液】

細胞の間を循環するリンパ液。

その細胞間は、組織液(毛細血管を出入り出来る血液成分=血漿です)で
埋められており、毛細血管と毛細リンパ管が通っています。

たとえば細胞、組織液、毛細血管、毛細リンパ管が、
もし湿地帯としたなら、
毛細血管を小川、毛細リンパ管を排水溝に表すと
イメージしやすいかもしれません。




【血液からリンパ液となるには】

心臓から脈動によって、
血液とリンパ液は一緒になって、細胞間まで運ばれます。

毛細血管の薄い膜から、血漿が出入りします。
細胞へ栄養や酸素などを渡したり、毛細血管へ戻ったりします。

ただし血漿の一部が、毛細血管へ戻らず、毛細リンパ管へ入っていきます。
これがリンパ液となります。



【心臓へ向かう血液とリンパ液の違い】

毛細血管へ戻った血漿は、静脈を通り素早く心臓へ戻ってきますが、
毛細リンパ管へ入ったリンパ液は、リンパ管とリンパ節を通りながら、
時間をかけて心臓へ戻ってきます。

リンパ液は、心臓から上は重力の影響で自然に心臓へ向かいます。
心臓から下は、主に筋肉運動の動きに助けられて上へ上って心臓へ向かいます。

動きにより、よく動く関節の内側に
リンパ節(リンパ液が集結するポイント)が集中しているのも
人体の構造上、少しでも有利な条件を利用する戦略と言えます。

※リンパ節はリンパ腺とも言われます。




« | ホーム | 

プロフィール

夢ボディ

Author:夢ボディ
リンパケアセラピスト、
フェルデンクライスプラクティショナー。

美容、アンチエイジングから、体の機能向上、動作改善、レッスン、ウォーキング指導等行っています。

FC2プロフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。